代表理事挨拶


当協会のホームページへようこそ!
 当協会は、昭和61年3月司法書士法第68条により設立され、その後平成26年4月1日公益社団法人に移行し、今日に至っております。
 当協会の主な業務は、市町村などの官庁、公署、その他特定の公共の利益となる事業を行う者による不動産の権利に関する登記の嘱託又は申請手続を代理することです。
 官公庁の皆様には、日頃より当協会の事業にご理解ご協力をいただいておりますことに心より感謝申し上げます。
 これからも、不動産の権利に関する登記の嘱託又は申請につき、迅速適正な処理を第一に、経済性・安全性も重視しつつ、県内三百数十名の司法書士である社員が一丸となって取り組んで参りますので、引き続きご理解、ご協力、また、より一層のご活用をお願い申し上げます。
 市民の皆様とは直接接する機会は少ないかも知れません。
 しかし、当協会は公益認定を得た公益法人でありまして、利益を追求することが目的ではありません。官公署等による登記の嘱託を適正かつ迅速に処理することにより、公共の利益となる事業の遂行に寄与することを通じ、市民の皆様の生活の利便性の向上に役立つことが、当協会の目指すところであります。
 また、近年では、社会問題となっている相続登記未了問題への対応にも力を入れています。
 目に見えないところで、市民の皆様の暮らしとも繋がっています。このホームページが、当協会への理解を深める一助となれば幸いです。



公益社団法人千葉県公共嘱託登記司法書士協会

代表理事 君野 大進